変態の変態による変態のためのラブドールブログ
since 2009.11~
当サイトの記事にはアフィリエイト広告のリンクが含まれる場合があります

信越シリコーンに代わる補修材Gel-00の実験レポート

先日、深夜のテンションでつまらない愚痴を垂れ流したばかりですが、舌の根も乾かないうちに読者さまからのレポート掲載でございますw

………いやぁー、だってさー、こんな力作送られたら、掲載するしかないっしょ?!w

最近は安価な中国製ラブドールでもシリコン製が増えてきました。するとシリコンとTPEの違いはなんぞや、というもう何万回(誇張)も語られた話題が繰り返され、古参ドーラーさま達は「もうその話題聞き飽きたわー」という状況かと思います。そして次に話題になるのは何百万回(誇張)も語られたシリコンドールの補修になるのは確実。

そんな折、従来の「信越シリコーン買っとけ」というテンプレ回答に一石を投じるレポートでございます。

シリコン製ラブドーラーなら必見といえる内容です。

…と、ぼくのどうでも良い語りはこのくらいにして、さっそくお送り頂いたレポートを掲載させて頂きます。

ご挨拶

ジジ様

こんばんは。夜分に失礼いたします。
先日は素敵なレビュー記事をありがとうございました。書いた自分も非常に楽しみながら記事を読ませて頂きました。
さて、以前レビューをお送り致しました際に申し上げました「例の件」のレポートを送らせて頂きます。

 例の件とは、つまりは「シリコンドール用のリペアー材」の事です。
いやいや、シリコンドールならもう信越シリコンのKE12があるだろ?
と思うでしょう。しかし違うのです。近年のシリコンドールはTPEに迫る柔らかさを獲得し、新興メーカーのシリコンドールは当たり前のようにプルップルのおっぱいを標準装備。日々股間に悪影響を及ぼす写真をアップしては薄給の僕にささやきかけて…話が逸れました。
つまり既存のリペアー材では、近年のシリコンドールの柔らかさ、可動範囲の広さに対応できず、十分な修理が行えないのではないか?そう僕は危惧しておりました。
実用する以上破損のリスクは避けられないし、修理が行えない以上消耗品になってしまいます。
大切なドールと長く暮らしていくためにも、修理の問題はクリアしなくてはいけません。


出だしから絶好調ですなwww

実際、ぼくが2016年にお迎えしたARTE132の時点ですらシリコンはそこそこ柔らかくなってきていたため、補修で使った信越シリコーンの部分が固く違和感を覚えることもありました。

裂けやすい脇の部分や、足裏のあたりは多少硬い信越シリコーンでも問題ない…というか、むしろ足裏についてはより強固に補修されて良い感じと思うレベルなのですが、股の部分に裂けが出来たときは信越シリコーンでの補修をちょっと躊躇するんですよね。

ホールポケットが空いている分、シリコン層が薄く作られていますし、かなりびよーんびよーんと伸びるのです。昔、YouTubeに「ARTE132の下腹部の薄さ」と題して、びよーんびよーんしている動画をUPしたら50万再生を突破してしまい、なぜ凍結されないのか疑問に…………いやそんな話はどうでも良かったw


※2013年7月23日にアップした動画。動画内のARTE132は初期型でシリコンが硬いバージョンです。ここから少なくとも2段階は柔らかくなっています。

そんなことより、ホールポケットを信越シリコーンで補修した場合、今度はその補修したすぐ横から裂けはじめるという問題がありました。

これについては、7年も前の記事になりますが、
ARTE132フレキシブルボディレビュー【月うさぎさんより】
の中で月うさぎさんがグラスファイバーの布とエポキシボンドを使った補強方法を試されております。ぼくも真似をして、といってもグラスファイバーとかよくわからないので、単純に裂ける前に裏側から格子状に信越シリコーンを薄く塗ることで補強しました。

その後、メーカー側がこの記事を見たのかどうかは定かではありませんがw ホールポケットにメッシュ状の補強がされるようになり、更に次のバージョンではそのメッシュ自体が内部に隠れて外からは見えないようになりました。

こうした対応の早さもARTEユーザーが増加した一因なのでしょう。

ともあれ、鉄板の信越シリコーン以外を使うという考え自体、思いつかなかったので、今回のレポートは大変興味深く拝見させて頂きました。

シリコンの補修実験レポート

以下、レポートの続きです。

そこで今回は、前回お迎えしたILdollに付属していたサンプルのシリコン板を実験材料にして2つのサンプル材を試してみました。

20200520_silicone_repair_01.jpg

※実験の性質上、実際のドールに人工的に損傷を加え修復するのがベストと思われますが、超絶チキンの僕にはそんなリスキーな事はできませんでした…。

20200520_silicone_repair_02.jpg

1つは「ハピオシールプロHG シリコンシーリング材」です。
現在主流の信越シリコンも商品のカテゴリーとしてはシーリング材なので価格と量で選ぶならこっちでは?と思って購入してみました。

20200520_silicone_repair_03.jpg

もう1つはアメリカpolytek社の「Gel-00」です。今回の実験ではこちらのサンプルが本命で、高級ラブドールメーカーの人造人ドールはハリウッドの特殊メイクも手掛けているという情報、
そして近年の柔らかシリコン仕様にいち早く対応したメーカーの1つも人造人ドールという経緯から、「人造人のラブドールには特殊メイクの材料が応用されているのでは?」と推察し特殊造形関係の材料の中から探し当てたのがこの「Gel-00」です。
写真の物は容量1kg。今回の実験ではうち50gを使用しました。

20200520_silicone_repair_04.jpg

 実験は3つのケースを想定しました。
1、通常の裂け目を接着する実験(写真右側のサンプル)
2、シリコン片を新たに接着する実験(写真右側のサンプル)
3、比較的広範囲な裂け目、いわゆるバックリ割れ。背中側や膝、肘を想定(写真左側のサンプル)
他は余ったシリコンを垂らし板状のGel-00のサンプルを作ります。
写真の中で白い色がシーリング材、半透明のものがGel-00となります。
室温約20℃、硬化時間は1時間です。

20200520_silicone_repair_05.jpg

結論から申し上げまして、シーリング材のサンプルは失敗でした。シリコン板に全く食いつかずポロッと取れてしまったのです。しかも表面は固まってますが、完全硬化までは24時間。プルプルしているが故に振動の影響を大きく受ける柔らかドールには不適格です。

20200520_silicone_repair_06.jpg20200520_silicone_repair_07.jpg20200520_silicone_repair_08.jpg20200520_silicone_repair_09.jpg
 一方のGel-00ですが、こちらは非常に優秀でした。まず丸く作ったGel-00の板ですが、非常に柔らかいです。また両端を摘んで引っ張ってみましたが、裂ける事なく驚くほどよく伸びます。
ドールの素材との食いつきも良好で、写真の通り引っ張っても剥がれたりはしませんでした。3つのテストのうちどれか1つはダメなんじゃないかと思いつつも、どれもいい結果が出た事に僕自身も驚いています。

20200520_silicone_repair_10.jpg20200520_silicone_repair_11.jpg20200520_silicone_repair_12.jpg20200520_silicone_repair_13.jpg20200520_silicone_repair_14.jpg20200520_silicone_repair_15.jpg

 加えて特徴的なのが硬化時間の短さです。従来の信越シリコンを始めとしたシーリング材では12時間〜24時間の硬化時間が一般的でしたが、Gel-00は1時間でほぼ完全硬化。
硬化時間の長さに起因する静かに放置する時間も大幅に短縮できるため、
修理の作業スピードはもとより、修理中のドールにスペースを取られない生活の利便性も大きく向上するのではないでしょうか。

 現状Gel-00は素の硬さではドール素材より気持ち固い…かな?といった感じですが、専用のデッドナー(おそらく可塑剤)を加える事により、さらに柔らかくする事が可能なようです。
また着色用の顔料を使えば半透明ではなく好みの色に変えられるとの事。
残念ながらデッドナーと着色顔料はコロナの影響か手に入れられませんでしたが、柔らかドールの可動域に追従できるシリコンドール修復材としてのポテンシャルは十分に高いと感じております。
お値段も信越シリコンに比べると高いですし(写真の物で7500円)、2液を混合させるので使い勝手も従来とは随分違いますが、傷を治した後硬くならないというアドバンテージは大きいのでは?と思っています。
ラブドールで裂けやすく、固い素材では困る部分といえば…お分かり頂けるでしょうか(ニヤリ)

 実験に必要な材料を全て揃えることは叶いませんでしたが、今回の実験レポートは以上となります。
この情報がジジ様やお友達のドールライフの助けになればと思います。
今後はデッドナーで目一杯柔らかくしたGel-00を使ったホール内部の改造や
ドール内部のウレタンを別素材に置き換えてのセルフ柔らか加工なんかもやってみたいですねぇ。
いつになることやら!!!!
ああ、改造用のドールが欲しい…(マッド感)

それではお元気で。

レポートの感想

いやぁ…さすが、さすがでございます。

裂け目を補修するケース、シリコン片を追加するケース、バックリ割れたケース、と3パターンを想定しての実験、大変参考になりました。

そういえば、シリコーンシーラントについては前のブログであるジジのチラ裏(2009年)ではやめたほうが良いと書いていたのですが、このブログでは扱っていなかったかも知れません。

ぼくはラブドールお迎えと同時にブログを開設したわけですが、たしかそこで近所で売ってたシリコンシーラントを買ってきた、みたいな内容を書いたのだったと記憶しています。その際、すぐに先輩方からのコメントが入り、それはやめて信越シリコーンにしなさい、とアドバイスを頂きました。きっとその頃からシリコンシーラントでの失敗は有名だったのでしょうね…。

なにやら難しい用語と共に信越シリコーンでなければならない理由についても教えてもらったハズなのですが、すみません、あまりに専門外なので記憶にまったくございませんwww

しかし、それにしても、Gel-00の柔らかさ、そして硬化時間が1時間というのは大変魅力的です。

脇裂け、股裂け、足裏裂け、背中バックリ、などさまざまなシリコン裂けを体験していますが、そのすべてにおいて信越シリコーンで補修しており、毎回24時間、同じ体勢のまま乾燥させるのに難儀しておりました。特に家族と同居していた頃は24時間絶対に部屋に入れるわけにはいかないので、その緊張感といったらもう…!

それがわずか1時間で済むのなら、こんなにありがたいことはありません。




………でも、お高いんでしょう…?

(「Gel-00」でググってみる)……………1kgで1万円超( Д ) ゚ ゚

…って、レポート中にも1kgで7500円とありましたねw
それにどうやら125g×2なら2,000円くらいでしょうか。これなら手を出しやすいですねー。

信越シリコーンも100gで1500円くらいしますし、しかも使い切る前に固まってしまうことも多いしw

ちょっと手に入れられるお店が限られそうな感じですが、Gel-00がシリコンドールの補修におけるひとつの選択肢になったことは間違いないと思います。

毎度のことながら、とても有益な実験レポート、ありがとうございました!



関連記事

指骨格の金属疲労

平日働く人と土日に働く人がいるので管理する立場(という名の丸投げマン)としては基本的にお休みがないのですが、かといっていつも忙しいわけではなく、納品遅れの待ち時間とか不定期にぽっかり空く時間の使い方が

色移りに関する実験レポート from どんべえさん

子供の頃、「老眼鏡かけて読書するのは億劫だから若い内にどんどん本を読め」と本を買うお小遣いだけはいつでも出してくれた親には感謝しているのですが、加齢によって自分がタイピングした文字すらボヤけて読めなく

コメント


  • 信越シリコーンに代わる補修材とは!
    シリコン娘のいるおうちでは朗報ですね。
    実は、シリコン娘の裂け問題は我が家でも深刻で、うちのキャシーは右腕がぱっくり、謎の下半身にある、ふたつの穴は避けて一つの穴に・・
    いろいろ無理しすぎたせいだと思いますが、信越シリコーンでも固まってしばらくたつと傷口が開く事があり、今はセメダインスーパーXという市販の接着剤でガチ止めして、その上から綾波さんみたいに包帯を巻いています。
    話はそれましたが、こちらの商品ならそれもくっつくのではないかと期待に膨らみますね(だたしお値段が・・・)
    でも、機会があればぜひ試してみたいと思いますね(^^)
    [返信]

  • これは素晴らしい素材ですね。
    私は以前オリエントのジュエルを持っていたので、私にもその部分の裂けとの闘いの経験はありますw

    当時はホールの内側にシリコン塗布したガーゼを張り込んだ覚えが。
    強度的にはこれ以上ないくらい強くなったのですが、難点は、ガーゼは伸びないので、その部分が全く伸縮しなくなってしまった事w

    でもこれなら強度を強化して上で裂けにも強くなりそうで良さそうですね。

    シリコンゴムは一か所裂けるとそこからするすると裂けが広がってしまいますが、これはそれも無いんでしょうかね。
    だとするとTPEと比較してのシリコンゴムの弱点の一つが克服されてると言う事になりますが、そこはどうなんでしょうね。
    [返信]
  • No title
    Gel-00 注目株ですね。(欲しいかも)
    型とかとって流し込むとかもできそうですね。
    指とか耳とか男の娘のアレとか
    [返信]

  • レポートの送り主です。
    掲載して沢山の反響がありました事とても嬉しく思っています。
    今後も有益な情報がありましたら何らかの形でお伝えできたらと思います。
    レポートの中で1点修正があります。現状有力とされる補修材は「KE-12」ではなく、正しくは「KE-45」でした。すみませんでした。

    Ghidorah様
    鋭いご指摘ありがとうございます。写真にありました円盤の塊を破く実験を後日行いました。
    結論からすると切れ目を入れると破れやすくなるのですが、スルスルと抵抗なく裂け目が広がるといった感覚はなく、
    割りと力を込めて引っ張る(しかも紙を破るように捻りを加える)とジワジワ破れていく感じです。
    ドール本体で検証した訳ではなく、また経年劣化についてもデータがないのですが現状は以上の様になっております。
    [返信]

  • こんばんは(^ ^)

    こういうネタ大好き〜^_^

    シリコンドールの修理に革命が起きそうですね。

    短時間で固まるってとても大事だと思います。
    [返信]

  • ラブドールを修理し隊さん

    おお、ありがとうございます。
    だとするとやはり凄い素材ですね。
    全身これで作ればTPE並みに柔らかく裂けに強く、しかもシリコン製だから中にウレタン仕込んで軽く出来ると言う良いとこ取りの素材。

    高価格と言う点はどうにもならないかも知れませんけど。
    [返信]
  • No title
    私はアルテのドールを愛でています。

    先日、ボディーの入れ換えをと、一体お迎えしました。
    いちだんとやわらかくなっているので、姿勢を変える度に緊張してます。

    この情報は素晴らしいです!
    補修が必要になったときの参考にさせていたきだきます!
    [返信]

  • 興味深いレポートありがとうございました!
    (^o^)

    しっかりとくっつく&柔らかくて伸びる
    硬化時間が短い
    とメリットだらけですね

    着色顔料とセットで、どこかのメーカーさんが補修キットとして売らないかしらん?
    [返信]

  • To 青鉄さん

    > ふたつの穴は避けて一つの穴に・・

    笑っちゃいけないのだろうけど、その表現につい笑ってしまいましたw
    たしかキャシーちゃんは初期型ですもんねー。
    うちも初期のARTE132/145は脇、股、背中もばっくりと…。でも2016年にお迎えした新シリコン(いまだに新と言って良いのかは謎w)は柔らかく、2020年現在も元気です。脇にちょっとした裂けはありますがグリップ力は全然衰えていないのでありがたいですねー。

    ただ、長期間立たせていたら足裏が裂けちゃったので信越シリコーンでがっつり補修しました。TPEみたいなスタンディングフィートほしいなー。

    To Ghidorahさん

    > 全身これで作ればTPE並みに柔らかく裂けに強く

    人造人はGel-00のような素材で出来ているっぽいので、俄然中華シリコンが気になってきちゃいますよねぇ。

    とはいえ、好みのヘッドがないとお迎えする気にはなかなかならないのですが…。悩ましい。

    To にぱきちさん

    > 型とかとって流し込むとかもできそうですね。

    記事の最後に追記しましたが、ホラーで使うような手を作る動画がアップされています。ちょっとグロ耐性ないと厳しいかもですがw ぷるんぷるんで触ってみたくなりましたw

    To はるはるさん

    > いちだんとやわらかくなっているので、姿勢を変える度に緊張してます。

    いちだんとやわらかく…(*´﹃`*)ハァハァ
    うらやましい…っ!

    To -さん

    > 着色顔料とセットで、どこかのメーカーさんが補修キットとして売らないかしらん?

    例えばオリエント工業は着色料とシリコンの補修キットを標準で添付してくれるのですが、プラスチックケースのためか数ヶ月もすると固まってしまうのですw そのためお迎えして半年くらい経ってから補修しようと思った頃には役に立たないという…。

    もし補修キットを用意されるメーカーがあるのなら、しっかりとした密閉容器をぜひ用意して頂きたいっ!
    [返信]

  • 皆様沢山のご意見ありがとうございます。

    あまり知られてはいないようですが、sinodollからシリコン用の補修材が販売されています。
    Kuma doll
    https://m.kuma-doll.com/product-p1660561.html
    楽園ドール
    https://rakuendoll.com/collections/related-products/products/silica
    何とサンフェイ用も…!
    https://rakuendoll.com/collections/related-products/products/sanhuidoll-glue

    Gel-00はA液とB液を1:1で混ぜて固めるので、写真をみる限りGel-00かそれに準ずる性能のシリコン樹脂である可能性はありますね。
    ただ容量や硬化後の硬度が明らかでないので、スルーしておりました。
    色々付属品が同梱されてますが、最も大事な道具は「はかり」です。目見当ではなく、キッチリ同じ重さで混ぜないと硬化不良の原因となってしまいますので注意が必要です。

    また、シリコン樹脂に限った事ではないですが、樹脂には鮮度があります。
    特に硬化前の樹脂は化学的に安定していないため、環境の変化を受けやすく時間が経ったものは硬化不良や変色など様々な弊害のリスクがあります。
    いつか使うから買い置きは不向きです。
    買ったら、開封したら、なるべく早く使いきるのが良いと思われます。
    [返信]

  • 名前書き忘れてた…………
    (´・ω・`)


    はかりは離乳食用のがあるケド……
    なるほど、買い置きは不向きなんですね〜

    (使わないのにムダに買い置き大好き人間)
    [返信]

  • 信越シリコーン以外もあるんですね。。購入から5年がたったので、私の葵ちゃんも凜ちゃんも結構、傷ついてしまって、そのたびに信越シリコーンで補修しているのですが、補修したところって、固いですよね。いやー、このレポート凄い
    [返信]
  • To ラブドールを修理し隊さん
    「見た目は醜いですが、効きます。」の商品説明にわろたw
    [返信]

新しいコメントを投稿する

[新規投稿]
 
TOP