変態の変態による変態のためのラブドールブログ
since 2009.11~
当サイトの記事にはアフィリエイト広告のリンクが含まれる場合があります

布製ラブドール(幸福人偶)の自作アイに光沢感を出す

ツイッターで布製ラブドール(幸福人偶)の自作アイに光沢感を出す方法についてつぶやきが流れていたので、ちょっと今更感ありますが、ラミネートフィルムを使った例を動画にしてみました。

ラミネートフィルムで布製ラブドールの自作アイに光沢感を出す




20200113_lily_01.jpg

フィルム以上に光沢感を出したい場合


ハンドメイドのアクセサリーなどで使われるらしいのですが、こうした円形かつドーム状のガラスパーツが販売されているので、瞳が正円に近いならこれを使うのもアリかも知れません。実際、ツイッターでは使用例が挙がっており、かなりトゥルットゥルに潤んだ瞳で良い感じでした。



ちなみにぼくは百均で老眼鏡を買ってきて分解して使おうとしたことがありますが、微妙にサイズが合わず、加工する技術もなかったので諦めましたw TYPE-130RX-Vをお迎えした頃だったかなぁ。

また、このブログでも何度か紹介していますが、透明レジンでアルテトキオのアニメヘッド用のデザインアイを作られた方もいらっしゃるので、技術のある方ならこういった方法もアリだとは思います。

某Mさん自作のアニメアイ某Mさん自作のアニメアイ某Mさん自作のアニメアイ某Mさん自作のアニメアイ

ただし、その方いわく、
あのアニメヘッドアイカバー、訪問客にお見せ下さっているとのことで光栄です!確かにあの夏の磨き込みは我ながら狂っていたなぁと。(笑)ただ、あれで模型に生きるクリアパーツや表面処理、磨き込み、透明レジンの経験がだいぶ蓄積できたなぁと思います。


とのことですので、相当な磨き込みが必要なようですw
そんなアニメパーツをおすそ分け頂きあらためて感謝 m(_ _)m

関連記事

淫紋タトゥーシールという魅惑のアイテム

今更ですが、緊急事態宣言出ちゃいましたねー。 ぼくは引きこもりで仕事も月1くらいしかしてないので特に影響ないだろー、と思っていましたが、取引先はそうでもないようで(当たり前)思ってたよりは面倒な手続

布製ラブドールの自作アイと本体入手方法の話

先にTwitterで挙げちゃいましたが、「茶髪・茶瞳のリリーちゃんがほしい」というつぶやきを見かけたので、急遽、デザインアイシミュレーターを使ってデザインアイを製作してみました。対象はさくらドールズの

TPEボディ(catdoll)とリップロップヘッドの組み合わせ

2017年の11月、「リップロップが新方式のヘッドジョイントを採用!」と題して、調子にのってこんな画像を作ってしまいましたが、あれからもうすぐ2年が経とうとしています。シームレスボディ+アニメヘッドの

InkScape講座(?)

■更新履歴2018年03月22日:DropBoxのアカウントが消えていたのでファイルの共有先をGoogleドライブへ変更2018年03月22日:ついでにfc2動画をレンタルサーバーへ移動&Picasa

コメント


  • ラミネートって、表裏を熱で溶着するホットラミネートだとばかり、固定観念で思ってましたw
    コールドラミネートだったんですね〜(汗)
    [返信]
  • To マントヒヒさん
    ラミネートフィルムはいいぞ、と言い続けてウン十年(誇張)
    マントヒヒさんに限らず、熱で圧着するタイプのラミネートと勘違いされてそうだなぁ…という雰囲気を感じることがよくありましたが、じゃあ何と言えば良いのかわからず、ずっと悩んでおりました。

    …………………………コールドラミネートって言葉があったのかよーっ!!www

    動画中でも話しましたし、マントヒヒさんからもお贈り頂いたとおり、液晶保護フィルムでも全然良いのですが、コスパ厨なぼくは入っている枚数が多いラミネートフィルムを使うことが多いですw

    …そう、使い切れるかもわからないのにスーパーへ行くと必ず「徳用」を選んでしまうタイプのダメ人間でございます(;´∀`)
    [返信]

新しいコメントを投稿する

[新規投稿]
 
TOP